ススキ・ヒガンバナ・シロヒガンバナ・ハゼラン

すすき(薄) イネ科  
ススキの穂は花のように見えますが、これは種の先に毛の付いた種の集合です。
イネと同じイネ科の仲間に共通するように、花びらはなく、雄しべと雌しべだけの花です。
クリーム色の鳴子のようにぶら下がっているのが雌しべで、小さな羽のような形をして花粉をつけているのが雄しべです。
秋の七草の一つです。
尾花やカヤと呼び、漢字では「薄」と書きます。
アシ・ヨシは多く見られますが、今期初めての土手でのススキです。
アシ、ヨシとススキの違いは、葉の形状でしか、私には分かりません。
葉がスーット長いのがススキの特徴です。
でも、穂もススキは金色に輝いて見える気がします。

彼岸の頃に咲くので彼岸花。別名「曼珠沙華」です。
仏教からくることなのか。毒があるからなのでしょうか
墓地に植えられているのを見かけます。昔は土葬だったので、犬などに掘り返されるのを防ぐ為だったのでしょうか?  

しろひがんばな(白彼岸花) ヒガンバナ科 別名:マンジュシャゲ(曼珠沙華)
ヒガンバナの白花種です。
ヒガンバナとショウキズイセンとの交雑種だそうで、わずかにクリーム色がかったところは黄色のショウキズイセンの面影かもしれません。
黄色の濃いものや、オレンジのものも見られます。
ピンクがかった花もありヒガンバナの種からは繁殖できない遺伝子を持つため、交配の元となるのはコヒガンバナです。
園芸種では中国原産のシロヒガンバナが利用されています。
ヒガンバナの咲く時期には葉はなく、花が枯れた後から葉が出てきます。
しかし、年が明けた頃には枯れてしまいます。 

はぜらん(爆蘭)スベリヒユ科 
別名:サンジソウ(三時草)、ゴジカ(午時花)、エドノハナビ(江戸の花火)
熱帯アメリカ原産の帰化植物で明治時代に渡来しましたが、繁殖力が強く野生化が広がっています。
蘭の名が付きますが、マツバボタン等と同じスベリヒユ科です。
丸い球状の蕾から、はじけるように花が開きます。
花は5〜8mmと小さいですが蕾はさらに小さいので名前のように弾けて膨らむのかもしれません。
ナンテンを小さく、まばらにしたようなハゼランの2mm程の実の中には10個位の種が入っています。
別名は午後3時頃から花が開くことからで、ゴジカ(午時花)は午後に咲くからだそうです。