?・シロヒガンバナ・ツクシアブラガヤ・?

しろひがんばな(白彼岸花) ヒガンバナ科 別名:マンジュシャゲ(曼珠沙華)
ヒガンバナの白花種です。
ヒガンバナとショウキズイセンとの交雑種だそうで、わずかにクリーム色がかったところは黄色のショウキズイセンの面影かもしれません。
黄色の濃いものや、オレンジのものも見られます。
ピンクがかった花もありヒガンバナの種からは繁殖できない遺伝子を持つため、交配の元となるのはコヒガンバナです。
園芸種では中国原産のシロヒガンバナが利用されています。
ヒガンバナの咲く時期には葉はなく、花が枯れた後から葉が出てきます。
しかし、年が明けた頃には枯れてしまいます。 

つくしあぶらがや(筑紫油茅)カヤツリグサ科
アブラガヤ、エゾアブラガヤの仲間でアブラガヤの名は花穂が茶色で油っぽい感じがすることからです。
九州筑紫地方に分布し他のアブラガヤが1mを超える背丈ですが、これは背丈が低いです