アシ・ツルマメ・ヒガンバナ・タマスダレ・タイワンツクバネウツギ

アシの花は、穂が出たての頃は、ススキの穂と良く似ています。
私も何時の頃か混同していました。
水辺に育つアシは昔からヨシとも呼ばれますが、いずれも漢字は「葦」と同じです。
アシが「悪し」と取れるので、昔から「良し」と呼ぶようになったと云われています。
そういえば、日除けに使うヨシズや野鳥のヨシキリも、この名前に由来しています。

つるまめ(蔓豆)マメ科
つる性で木や大形の草などに巻き付いて成長しますが、地面に這いつくばって成長することもあります。
そんな場合は自分自身を絡めあって伸びていきます。
道端や野原に生える、マメ科の植物です。
野生のマメですがツルマメは大豆の原種と言われています。

彼岸の頃に咲くので彼岸花。別名「曼珠沙華」は
仏教からくることなのか。毒があるからなのでしょうか
墓地に植えられているのを見かけます。昔は土葬だったので、
犬などに掘り返されるのを防ぐ為だったのでしょうか?

たますだれ(玉簾) ヒガンバナ科 別名:レインリリー
名前は球根が丸い球状であるからとか、細い葉をすだれにたとえたなどの説があります。
南米原産で、日本には明治初期に渡来しました。
繁殖力が強く野生化しているものも多くみられます。
英名のレインリリーは、雨の後に一斉に咲き始めることからです。

たいわんつくばねうつぎ スイカズラ科
台湾の名が付きますが日本では、南西諸島に分布しています。
花のように見えるのは、がく片で、これが羽子板で突く追羽根に似ていることからです。