ハナモモ・ニホンズイセン

はなもも(花桃) バラ科
原種のモモの花が咲くのは4月ですが、ひな祭りに飾れるよう、早咲きへと品種改良も加えられてきています。 

スイセンはラッパスイセン、キバナスイセンのように色や形でも分類されますが、ニホンスイセンとセイヨウスイセンのように育つ地域でも分類されます。
二ホンスイセンは中国経由で渡来したものが野生化したものです。
セイヨウスイセンの名前は西洋系のスイセンの総称で、地中海沿岸〜北アフリカ原産で30種もの原種がありヨーロッパなどで品種改良されたものです。
 
スイセンは有毒植物です。
全草が有毒で鱗茎に特に毒成分が多く、スイセンの致死量はマウスで10.7g/sです。
食中毒症状と接触性皮膚炎症状を起こします。
中毒は初期に強い嘔吐があり摂取物の大半が吐き出されるため症状が重篤に至ることは稀ですがアサツキと間違えて食べ死亡した例があります。
又、葉がニラと似ているので間違えて食べ食中毒を起こす事件が時々報告、報道されますが2008年〜2017年に起きた有害植物による食中毒188件のうち、最多はスイセンの47件でした。
スイセンは有害植物でもありますが、食中毒の際に吐かせるための吐剤でもあり水素化してアメーバー赤痢の薬ともなります。
民間療法では乳腺炎、乳房炎の消炎や鎮咳にも役立ちます。