ツルマメ・アラゲハンゴンソウ・クズ・ヤブカラシ

つるまめ(蔓豆)マメ科
つる性で木や大形の草などに巻き付いて成長しますが、地面に這いつくばって成長することもあります。
そんな場合は自分自身を絡めあって伸びていきます。
道端や野原に生える、マメ科の植物です。
野生のマメですがツルマメは大豆の原種と言われています。

あらげはんごんそう(荒毛反魂草)キク科
別名:キヌガサギク(絹笠菊)
北アメリカ原産で大正時代に鑑賞用として入って来たものが、日本各地で野生化しています。
ガク片や茎、葉に硬い毛が生えていて、これが名前の由来となっています。

くず マメ科 クズ属
クズは日本各地に分布し東〜東南アジアに広く分布するツル植物です。
秋の七草の一つで8月の終り頃から9月にかけて房状の綺麗な花を咲かせますが、花は葉群の下になって目立ちません。
盛夏には1日で1m程も伸びると言われるほど成長して厄介者の害草です。
一応多年生草本に分類されていますが長らく生きたものは大木のようです。
根には大量のデンプンが貯蔵されておりクズ粉を採ることができます。
クズ粉は葛切りや葛餅などの原料となります。
根を干したものを生薬で葛根といい、発汗、解熱剤として使われています。

やぶからし(藪枯らし) ブドウ科  別名:ビンボウカズラ
つるが巻き付き藪の植物を枯らしてしまうほど繁殖するのが名前の由来です。
別名のビンボウカズラも嫌われる植物に良くある名前です。
しかし、実やつるはリースの材料でおなじみです。
ブドウ科の植物で秋には赤く熟しますが食べられません。