トクサ・キショウブ・コヒルガオ・ヒョウタンボク

トクサ(砥草)トクサ科
ツクシのような胞子えお先端につけ、水辺や湿地に自生しています。
竹を小さくしたような風情で庭園の池の周りに植えられています。
ヤスリのような茎と珪酸を含み昔より家具や工芸品の仕上げに使われています。
ちなみに、これで爪を研ぐと爪切りに付いているヤスリなどよりきれいに砥げます。 

きしょうぶ(黄菖蒲)アヤメ科
ハナショウブの黄色版でキショウブとわかりやすいです。
明治時代に観賞用として持ち込まれたものが野生化し、日本各地の湿地や沼に自生しています。

こひるがお(小昼顔)ヒルガオ科
コヒルガオはヒルガオより薄い赤や紅白の花が多いです。
ヒルガオより花や葉が小さいのがコヒルガオで、花も3〜4pです。
葉の根元部が横に、ほこ形に張り出している特徴があります。
ヒルガオと違い、花の根元つまり花柄の上部に縮れたひれがあります。

ひょうたんぼく(瓢箪木)スイカズラ科  別名:キンギンボク(金銀木)
名前の由来は、花が白から黄色に変わっていくことからです。
スイカズラやトベラも同じように色が変わります。
赤く熟した実はおいしそうですが、有毒です。