トクサ・アレチハナガサ・コヒルガオ・キツネノボタン

トクサ(砥草)トクサ科
ツクシのような胞子えお先端につけ、水辺や湿地に自生しています。
竹を小さくしたような風情で庭園の池の周りなどに植えられており
ヤスリのような茎と珪酸を含むので昔より家具や工芸品の仕上げに使われています。
ちなみに、これで爪を研ぐと爪切りに付いているヤスリなどよりきれいに砥げます。

あれちはながさ(荒地花笠)クマツズラ科
薄い紫からピンクの星をちりばめたような花が面白いです。
アレチの名前は港や海の近く、河川敷などの環境の悪い場所に育つからだそうです。
昭和に入って南アメリカから帰化したので、まだ内陸までは繁殖していないのでしょう。
大きなものは人間の背丈より大きくなりますが、花は2〜3mmと小さいです。
アオジソなどのシソ科の仲間と同じく四角形の茎です。
同じ南アメリカ原産のダキバアレチハナガサは茎が丸いです。

こひるがお(小昼顔) ヒルガオ科
コヒルガオはヒルガオより薄い赤や赤白の花が多いです。
ヒルガオより花(3〜4p)や葉が小さく葉の根元部が横に鉾形に張り出すという特徴があります。

きつねのぼたん(狐の牡丹) キンポウゲ科
コンペイトウのような実でお馴染みのキツネノボタンには、茎に毛があります。
ボタンの名は、葉がボタンの葉に似ていることからです。
実や花はキンポウゲ科のウマノアシガタにも良く似ていますが、茎の太さや頑丈さは、山野に育つ可憐なウマノアシガタとは大きく異なり、まさに、雑草そのものです。