ランタナ・スイセン

らんたな(ランタナ)クマツズラ科
別名:シチヘンゲ(七変化)コウオウカ(紅黄花)
花の色はさまざまでも実の色は同じです。
黒く熟すと鳥たちが食べるのですが種子には毒があるため、果肉だけを食べるそうですが種が固いので噛み砕けないのが正解のようです。
花の最初は黄色で次第に内側からオレンジ・赤に変化することからシチヘンゲ(七変化)の和名がありますがランタナの方がなじみがあります。
中南米産の常緑低木で元は野生種ですが、日本でも露地栽培できることから、園芸用として流通しました。
集合した花は中央から先に咲いていくためこのように色が混ざります。
日本には江戸時代後期に渡来しました。
オーストラリアや東南アジアでは有害植物とされるほど野生化しています。 

すいせん(水仙) ヒガンバナ科 別名: ニホンズイセン(日本水仙)
白い花びらは6枚に見えますが実は内側の3枚が花びらです。
外側の3枚は萼片で内側には副花冠と呼ばれています。
中には黄色のカップ状の花びらがあり、その中に3本の雄しべが、さらにその中にも3本の雄しべがあります。
ニホンズイセンは、ヒガンバナと同じく3倍体の染色体で、種はできないそうです。
花の終わった後には実が膨らみますが、結実はしないということでしょうか?
スイセンの原種は地中海原産の フサザキズイセンといわれ、
ニホンズイセンやキバナスイセン、ラッパスイセン、セイヨウスイセンなどさまざまな品種が生まれています。