セイバンモロコシ・キク・スイセン

セイバンモロコシ、イネ科 別名:ジョンソン・グラス
ススキやアシ、ヨシと同じ大きさになる地中海原産の帰化植物です。
モロコシの名前からはトウモロコシが頭に浮かびますがアフリカ原産の雑穀です。
西藩とは中国の西域の荒地のことを指します。
日本では1945年に帰化が確認されています

きく(菊)キク科キク属
日本では日本で観賞用多年草植物として発展した品種群を和菊、西ヨーロッパで育種され生まれた品種群を洋菊と呼びます。
秋に咲く花ですが周年供給され、食用の品種もあります。
菊の花言葉は「高貴」です。バラ、カーネンションとともに生産高の多い花です。
日本においては、菊は元々は外来種で、薬草や観賞用植物として中国から伝来し、平安時代に用いられ宮中では菊の節句とも呼ばれる重陽の節句が江戸時代まで行われ現在でも皇室園遊会(観菊御宴)として行われています

すいせん(水仙) ヒガンバナ科 
別名: ニホンズイセン(日本水仙)
白い花びらは6枚に見えますが実は内側の3枚が花びらです。
外側の3枚は萼片で内側には副花冠と呼ばれています。
中には黄色のカップ状の花びらがあり、その中に3本の雄しべが、
さらにその中にも3本の雄しべがあります。
ニホンズイセンは、ヒガンバナと同じく3倍体の染色体で、種はできないそうです。
花の終わった後には実が膨らみますが、結実はしないということでしょうか?
スイセンの原種は地中海原産の フサザキズイセンといわれ、
ニホンズイセンやキバナスイセン、ラッパスイセン、セイヨウスイセンなど
さまざまな品種が生まれています。