イヌナズナ・ツルニチニチソウ・マルバハッカ・.?

いぬなずな(犬ナズ菜)アブラナ科
春の七草のナズナと比べ、食べられないという意味で、イヌナズナと呼ばれています。
 
 
つるにちにちそう(蔓日々草) キョウチクトウ科 
ニチニチソウのつる性の常緑園芸植物で地中海地方が原産です。
繁殖力が強く野生化したものも多いです。
花期は春から秋と長いし、気候が温暖な房総では、真冬でも道端などで花を開いています。

まるばはっか(丸葉薄荷)シソ科 別名:アップルミント
花の色は、薄紫色と白色があります。
ヨーロッパ原産で日本には明治初期に渡来しました。
その後野生化したものも多く帰化植物として登録されています。
和名のマルバハッカより英名のアップルミントの方が知名度が高いです。和名の由来は葉が丸いことからです。
英名はリンゴの香りがすることからです。