ギシギシ・スイセン

ぎしぎし(羊蹄)タデ科
「羊蹄」と書いてギシギシと読むそうですが、穂をとさわるギシギシと音がするという説が有力です。
春から秋まで花を咲かせ、大型で成長力の強い雑草です。
良く似た植物にスイバがありますが葉がハートを細くした形です。

すいせん(水仙) ヒガンバナ科 別名: ニホンズイセン(日本水仙)
白い花びらは6枚に見えますが実は内側の3枚が花びらです。
外側の3枚は萼片で内側には副花冠と呼ばれています。
中には黄色のカップ状の花びらがあり、その中に3本の雄しべが、さらにその中にも3本の雄しべがあります。
ニホンズイセンは、ヒガンバナと同じく3倍体の染色体で、種はできないそうです。
花の終わった後には実が膨らみますが、結実はしないということでしょうか?
スイセンの原種は地中海原産の フサザキズイセンといわれ、
ニホンズイセンやキバナスイセン、ラッパスイセン、セイヨウスイセンなどさまざまな品種が生まれています。