サザンカ・キク

さざんか(山茶花)ツバキ科

サザンカとツバキの大きな違いは、花の散り方です。
サザンカは一枚一枚花びらを落としていきますが、ツバキは花が丸ごと根元から落ちます。
身近な存在なので園芸種とばかり思っていたら、日本固有の自生植物だそうです。
自生するのは四国、九州、沖縄などの暖かい地域です。
サザンカはツバキより寒さに強く、古くから品種改良され多くの品種が作られています。

きく(菊)キク科キク属
日本では日本で観賞用多年草植物として発展した品種群を和菊、西ヨーロッパで育種され生まれた品種群を洋菊と呼びます。
秋に咲く花ですが周年供給され、食用の品種もあります。
菊の花言葉は「高貴」です。バラ、カーネンションとともに生産高の多い花です。
日本においては、菊は元々は外来種で、薬草や観賞用植物として中国から伝来し、平安時代に用いられ宮中では菊の節句とも呼ばれる重陽の節句が江戸時代まで行われ現在でも皇室園遊会(観菊御宴)として行われています