セイバンモロコシ・ハゼラン・

セイバンモロコシ、イネ科 別名:ジョンソン・グラス
ススキやアシ、ヨシと同じ大きさになる地中海原産の帰化植物です。
モロコシの名前からはトウモロコシが頭に浮かびますがアフリカ原産の雑穀です。
西藩とは中国の西域の荒地のことを指します。
日本では1945年に帰化が確認されています。

はぜらん(爆蘭)スベリヒユ科 
別名:サンジソウ(三時草)、エドノハナビ(江戸の花火)
熱帯アメリカ原産の帰化植物で、明治時代に渡来しましたが、繁殖力が強く野生化が広がっています。
蘭の名が付きますがマツバボタン等と同じスベリヒユ科です。
丸い玉状の蕾からはじけるように花が開きます。
花は5〜8mmと小さいですが蕾はさらに小さくので名前のようにはじけて膨らむのかもしれません。
ナンテンを小さく、まばらにしたようなハゼランの2o程の実の中には10個位の種が入っています。
別名は午後3時頃から花が開くことからで、ゴジカ(午時花)は午後に咲くからだそうです。