セイバンモロコシ・コセンダングサ・ヒメジョオン

セイバンモロコシ、イネ科 別名:ジョンソン・グラス
ススキやアシ、ヨシと同じ大きさになる地中海原産の帰化植物です。
モロコシの名前からはトウモロコシが頭に浮かびますがアフリカ原産の雑穀です。
西藩とは中国の西域の荒地のことを指します。
日本では1945年に帰化が確認されています。

こせんだんぐさ(小栴檀草) キク科
種子を人や動物にくっつけて繁殖するセンダングサの
小型の種類なのでコセンダングサ(小栴檀草)です。
「くっつき虫」や「ひっつき草」とも言われています。
山梨では、「バカ」とも呼ぶようです。

ひめじょおん(姫女苑) キク科 
ハルジオンとの違いは、ハルジオンの蕾の頃は下を向いているのに対し、
ヒメジョオンは上向きのままです。
花期は長く10月になってもまだ元気に咲いています。
春と違うのは背景が秋の色というだけで花に違いはありません。
これも野菊の仲間なので秋にも似合う花です。
日本全国いたる所にはえる帰化植物です。高原に育つと、都会の空き地で見るより、
なぜか雑草とは思えないほど上品に見えます。
なお春に咲く ハルジオンも仲間です。漢字では「姫女苑」と書きます。