ススキ・アラゲハンゴンソウ・

すすき(薄)イネ科
ススキの穂は花のように見えますが、これは種の先に毛のついた種の集合です。
イネと同じイネ科に共通するように、花びらはなく、雄しべと雌しべだけの花です。
秋の七草の一つです。
尾花やカヤと呼び、漢字では「薄」と書きます。
アシ・ヨシは多く見られますがススキは少なく、アシ・ヨシより遅れて咲きだします。
アシ・ヨシとススキの違いは、葉の形状でしか私には解りません。
葉がスーット長いのがススキの特徴です。 

あらげはんごんそう(荒毛反魂草) キク科 
別名: キヌガサギク(絹笠菊)

北アメリカ原産で、大正時代に観賞用として入ってきたものが日本各地に野生化しています。
ガク片や茎、葉に硬い毛が生えていて,これが名前の由来です。