セイバンモロコシ・アレチマツヨイグサ・ハルシャギク


セイバンモロコシ、イネ科 別名:ジョンソン・グラス
ススキやアシ、ヨシと同じ大きさになる地中海原産の帰化植物です。
モロコシの名前からはトウモロコシが頭に浮かびますがアフリカ原産の雑穀です。
西藩とは中国の西域の荒地のことを指します。
日本では1945年に帰化が確認されています。 

あれちまつよいぐさ(荒地待宵草) アカバナ科 別名: ツキミソウ(月見草) 
メマツヨイグサとの違いは、花びらがハート型で、花びらの間が開いていることです。
北アメリカ原産の帰化植物で明治以来野生化したというのは、マツヨイグサの仲間の共通の生い立ちです。

はるしゃぎく(波斯菊)キク科
別名:ジャノメソウ(蛇目草)春車菊
北アメリカ原産で明治の初期に観賞用に導入されましたが帰化植物として野生化しています。
名前のハルシャ(波斯)はペルシャの意味ですが由来は不明です。
別名のジャノメソウは、蛇の目に見立てたものです。