ヤブニンジン・ハルジオンキョウチクトウ


やぶにんじん(藪人参) セリ科
同じセリ科のセントソウの葉も人参に似ていますが、人参の名はついていません。
葉が人参に似ており付いた名前で、人参の仲間ではありません。
薬草園の中でも栽培されており、強壮・解熱・鎮痛・鎮痙と有用な植物で日本各地の山林や藪に生えている雑草です。


はるじおん(春紫苑) キク科
比較的、白色が多いけれどピンク色ややウスムラサキ色の花も増えてきました。
こうなると、雑草の域を超えて観賞用の園芸植物と競っても負けません。
ヒメジョオンとよく似ていますが名前のようにハルジオンは春〜初夏の花です。
そして、ハルジオンの蕾は下を向いているのに対しヒメジョオンは上向きです。
大正時代にアメリカから渡って来た清楚な花ですが、よくみられる雑草です。


きょうちくとう(夾竹桃)キョウチクトウ科
別名:ミフクラギ(目膨木)ハンコンコウ(半年紅)
葉がトウチクなどの竹の葉に。花はモモに似ているからです。
花、葉、茎と全体に有毒物質を含み薬用として使われることもあります