ノビル・キショウブ・ナヨクサフジ


のびる(野蒜) ユリ科
先端にできる球状の実のようなものはヤマノイモやオニユリにできる「むかご」です。
球根や芋とおなじで、地面に落ちて発芽します。


きしょうぶ(黄菖蒲)アヤメ科
ハナショウブの黄色版でキショウブとわかりやすいです。
明治時代に観賞用として持ち込まれたものが野生化し、日本各地の湿地や沼に自生しています。
ハナショウブより一足早く花を開きます


なよくさふじ(弱草藤)マメ科 別名:ヘアリーベッチ
と思われますが、花の色が違うので(薄い)確信がありません。
土手では初めて、見ました。つるが絡み合って大きく群生してました。
クサフジ、ノハラクサフジ等の仲間でヨーロッパ、西アジア原産です。飼料や緑肥作物として導入されたものが、昭和初期に野生化が確認された帰化植物です。