スイセン・ノイバラ・キク・ニチニチソウ


スイセンはラッパスイセン、キバナスイセンのように
色や形でも分類されますが、 ニホンスイセン と
セイヨウスイセンのように育つ地域でも分類されます。
セイヨウスイセンの名前は西洋系のスイセンの総称です。
スイセンは地中海沿岸〜北アフリカ原産で、30種もの原種があります。
ニホンスイセンは中国経由で渡来したものが野生化したもので
セイヨウシセンはヨーロッパなどで品種改良されたものです。


のいばら(野いばら)バラ科 別名:ノバラ
「童はみたり、野なかのバラ」で登場するバラは、
このノイバラのことです。
歌詞だけでは清楚なイメージですが鋭いトゲのつるが長く伸びやっかいな存在です。

ピンクの花を咲かせるものもあり、バラの原種とされており、こういった個体から品種改良され赤いバラも作られたのかもしれません。
ノイバラの実を乾燥させたものを生薬名で営実(えいじつ)と呼び、漢方薬や民間薬に利用されています。


きく(菊)キク科キク属
日本では日本で観賞用多年草植物として発展した品種群を和菊、西ヨーロッパで育種され生まれた品種群を洋菊と呼びます。
秋に咲く花ですが周年供給され、食用の品種もあります。
菊の花言葉は「高貴」です。バラ、カーネンションとともに生産高の多い花です。
日本においては、菊は元々は外来種で、薬草や観賞用植物として中国から伝来し、平安時代に用いられ宮中では菊の節句とも呼ばれる重陽の節句が江戸時代まで行われ現在でも皇室園遊会(観菊御宴)として行われています。