イヌナズナ・ツバキ


いぬなずな(犬ナズ菜)アブラナ科
春の七草のナズナと比べ、食べられないという意味で、イヌナズナと呼ばれています。


つばき(椿) ツバキ科  

散るときは花びらと雄しべがくっついて、咲いているときと同じ姿で落ち、
中にある一本の雌しべだけが残ります。
常緑なのにツバキの一部の葉が紅葉することがあり、落葉はせず、
暖かくなるとまた緑色に戻ります。
椿油(つばきあぶら)は、園芸種(ツバキ)からではなく 
ヤブツバキやユチャの実を絞って作られます。