ユキヤナギ・オオマツユキソウ・ナノハナ

ゆきやなぎ(雪柳) バラ科 
別名・別読み: コゴメヤナギ(小米柳)、コゴメバナ(小米花))、コゴメザクラ(小米桜) 
 
名前にヤナギと付きますが、柳の仲間ではなく、バラ科の植物です。
黄色に黄葉するものが多いですが、これは赤も混じって華やかです。
春に雪が降ったように小さな白い花をいっぱい付けるユキヤナギは
当然ながら、花芽の頃から枝が枝垂れるほどに枝にびっしり。
冬の間は、わからない木が多い中で、ユキヤナギだけはすぐわかります。 

おおまつゆきそう(大待雪草) ヒガンバナ科 
別名: スノーフレーク、スズランスイセン 
花びらの先端に緑色の斑点があり 
ヒガンバナ、ハマオモトと同じヒガンバナ科です。
ちなみにスイセンやポピーもヒガンバナ科です。
別名でスズランスイセン(鈴蘭水仙)と呼ばれるように、
花がスズランで、葉がスイセンの形をしています。
ヨーロッパ南部に自生しており英名はスノーフレークです。

なのはな(菜の花)アブラナ科 別名:アブラナ(油菜)・ナタネ(菜種)
原産は、西アジア〜北ヨーロッパです。日本には、弥生時代に渡来したといわれており食用にされていましたが、後に照明用や食用の油をとるために栽培されるようになりました。
ナノハナは菜種油を取るアブラナと切花などの観賞用や野菜にするハナナの総称です。
一口に菜の花といっても、日本だけでも200〜300種あります。
蜜も種類によって異なり、蜜蜂が好むものと好まないものがはっきり分かれています。