ノイバラ・スイセン・ナズナ・ツルニチニチソウ


のいばら(野いばら)バラ科 別名:ノバラ
「童はみたり、野なかのバラ」で登場するバラは、
このノイバラのことです。
歌詞だけでは清楚なイメージですが
鋭いトゲのつるが長く伸びやっかいな存在です。
ピンクの花を咲かせるものもあり、バラの原種とされています。
こういった個体から品種改良され赤いバラも作られたのでしょうか。
ノイバラの実を乾燥させたものを生薬名で営実(えいじつ)と呼び、
漢方薬や民間薬に利用されています。 


スイセンはラッパスイセン、キバナスイセンのように
色や形でも分類されますが、 ニホンスイセン と
セイヨウスイセンのように育つ地域でも分類されます。
セイヨウスイセンの名前は西洋系のスイセンの総称です。
スイセンは地中海沿岸〜北アフリカ原産で、30種もの原種があります。
ニホンスイセンは中国経由で渡来したものが野生化したもので
セイヨウシセンはヨーロッパなどで品種改良されたものです。

なずな(薺、ナズ菜) アブラナ科  別名・別読み: ペンペングサ
ペンペングサの名前の由来は、このハート形の種の軸を、付け根より少し引き抜いて、グラグラ動きやすい状態にしてから振ると音を立てることからです。

つるにちにちそう(蔓日々草) キョウチクトウ科  
ニチニチソウのつる性の常緑園芸植物です。
地中海地方が原産で繁殖力が強く野生化したものも多いです。
花期は春から秋と長いし、気候が温暖な房総では、
真冬でも道端などで花を開いています