イグサ・アレチマツヨイグサ・ヒメジョオン・カラスウリ・?


いぐさ(藺草) イグサ科 別名: トウシンソウ(灯心草)
畳表の材料になるだけあって、根元から先まほぼ同じ太さで茎がそろっています。
単に「イ」と呼ぶこともありますが、「イ」だけではわかりづらいです。
新しい畳の独特の匂いは、刈り取って乾燥すると強くなります。

あれちまつよいぐさ(荒地待宵草) アカバナ科 別名: ツキミソウ(月見草)
メマツヨイグサとの違いは、花びらがハート型で、花びらの間が開いていることです。
北アメリカ原産の帰化植物で明治以来野生化したというのは、
マツヨイグサの仲間の共通の生い立ちです。


からすうり(烏瓜) ウリ科
名前はカラスが実を食べるいう説からですがべられた気配はありません。
カラスが食べ残すからという逆説もあります。
唐朱(習字の朱色の墨)の色に似ているという説が理解できます。
カラスウリの花はオレンジ色の実とは似つかわしくない純白です。
それも花びらが細い糸のように無数に裂け、まるで布がほつれたようです。

ひめじょおん(姫女苑)キク科
ハルジオンとの違いは、ハルジオンが蕾の頃は下を向いているのに対しヒメジョオンは上向きのままです。
花期は長く、春と違うのは背景が秋の色というだけで花に違いはありません。
野菊の仲間で明にも良く似合います。
日本全国いたる所にはえる帰化植物で、高原でみると雑草とは思えないほど上品に見えます。
なお春に咲くハルジオンも仲間です。