ノイバラ・ノビル・モモイロヒルザキツキミソウ・アキノベニバラサルビア

のいばら(野いばら)バラ科 別名:ノバラ

ノイバラ・ノビル・モモイロヒルザキツキミソウ・アキノベニバラサルビア
「童はみたり、野なかのバラ」で登場するバラは、このノイバラのことです。
歌詞だけでは清楚なイメージですが鋭いトゲのつるが長く伸びやっかいな存在です。
ピンクの花を咲かせるものもあり、バラの原種とされており、こういった個体から品種改良され赤いバラも作られたのかもしれません。
ノイバラの実を乾燥させたものを生薬名で営実(えいじつ)と呼び、漢方薬や民間薬に利用されています。


  ノビル(野蒜)ユリ科
先端にできる球状の実のようなものはヤマノイモやオニユリにできる「むかご」で球根や芋と同じです。
普通は地面に落ちてから発芽しますが、まれに花と同時に茎に付いたまままま発芽することもあります。
ラッキョウより小さいノビルの球根は味噌をつけ、そのまま食べても、ソバなどの薬味、酢味噌和え等、食べ方はいろいろあります。
割烹や、料亭では高級食材だそうです。
 

ももいろひるざきつきみそう(桃色昼咲き月見草)
アカバナ科 別名:ヒルサキツキミソウ(昼咲月見草)
北アメリカからの帰化植物で、生命力が強く観賞用から野生化したものがあちこちで見られます。
白い花のヒルザキツキミソウの桃色種です

あきのべにばなさるびあ(秋の紅花サルビア)シソ科
別名:オータムセージ、チェリーセージ、サルビア、ミクロフィラ
サルビアの名が付きますがセージの仲間です。
アメリカ南部、メキシコ原産で香草や薬草として用いられますが、花が鮮やかなので観賞用としても栽培されています。
白が混ざる品種は、サルビアエレガンスの別名があります。