ヘクソカズラ・アレチハナガサ・タイワンツクバネウツギ・ランタナ

ヘクソカズラ(屁糞蔓)アカネ科
「屁糞蔓」の名前は有名ですが知らなくても想像できます。
どの資料をみても臭いの凄さが強調されています。
しかし、花には臭いは無く、葉や実をすり潰した時だけに臭います。
クソニンジン・ハキダメギク・オオイヌノフグリなどと並びかわいそうな名前の植物の一つです。
つるがかれてもそのまま冬まで形を残すのでリース作りの材料としておなじみです。
実の青い頃が一番臭います。 

あれちはながさ(荒地花笠) クマツヅラ科
薄い紫からピンクの星をちりばねたような花が面白いです。
アレチの名前は港や海の近く、河川敷などの環境の悪い場所に育つからだそうです。
昭和に入って南アメリカから帰化したので、まだ内陸までは繁殖していないのでしょうか?
大きなものは人間の背丈より大きくなりますが、花は2〜3mmと小さいので目立ちません。
アオシソなどのシソ科の仲間と同じく、四角形の茎なので見分けは簡単です。
同じ南アメリカ原産の帰化植物のダキバアレチハナガサは聞きが丸いです。

たいわんつくばねうつぎ スイカズラ科
台湾の名が付きますが日本では南西諸島に分布しています。
花のように見えるのは、がく片で、これが羽子板で付く追羽根に似ています。

らんたな(ランタナ) クマツズラ科
別名:シチヘンゲ(七変化)コウオウカ(紅黄花)
花の色は、さまざまでも実の色は同じです。
黒く熟すと鳥たちが食べるのですが種子には毒があるため、果肉だけを食べるそうでえすが、種が固いので噛み砕けないのが正解のようです。
花の最初は黄色で次第に内側からオレンジ・赤の変化することからシチヘンゲ(七変化)の和名がありますがランタナの方が馴染みがあります。
中南米産の常緑低木で元は野生種ですが日本でも露地栽培できることから、園芸用として流通しました。
集合した花は中央から先の咲いていくため、このように色が混ざります。
日本には江戸時代後期に渡来しました。
オーストラリアや東南アジアでは有害植物とされるほど野生化しています