タイワンツクバネウツギ・ハゼラン・ガクアジサイ

たいわんつくばねうつぎ スイカズラ科
台湾の名が付きますが日本では南西諸島に分布しています。
花のように見えるのは、がく片で、これが羽子板で付く追羽根に似ています。

はぜらん(爆蘭) スベリヒユ科
別名:サンジソウ(三時草)・エドノハナビ(江戸の花火)
熱帯アメリカ原産の帰化植物で明治時代に渡来しましたが、繁殖力が強く野生化が広がっています。
蘭の名が付きますが、マツバボタン等と同じスベリヒユ科です。
丸い球状の蕾から弾けるように花が開きます。
花は5〜8mmと小さいですが蕾は更に小さいので名前のように弾けて膨らむのかも知れません。
ナンテンを小さく、まばらにしたようなハゼランの2mm程の実の中には10個位の田ねが入っています。
別名は午後3時頃から花が開くことからで、ゴジカ(午時花)は午後に咲くからだそうです。

がくあじさい(額紫陽花) ユキノシタ科
小さな粒のような花の周りに、装飾花と呼ばれるガクが額縁のようであることから、ガクアジサイの名前が付いたそうです。
さらに真ん中の花が全てガクに変わったものがアジサイとなったといいます。
大きな花びらは装飾花と呼ばれるガクが変化したもので、本物の花は中央にある両性花と呼ばれる部分です。
4〜6mmと小さく、近寄ってみないと解りませんが、ちゃんと4、5枚の花びらと雄しべ雌しべがあります。
ガクアジサイの自生種、ガクアジサイはもともとは海岸沿いの山地などに自生していたものですが古くから品種改良されています。