スイバ・ナヨクサフジ・ハルジオン

スイバがギシギシとにているのはどちらもタデ科のギシギシ属だからです。
違いは葉の形がギシギシより短く、矢じりのような切れ込みがあります。
花が成長すると赤褐色になり山菜として葉を食べますが酸っぱいので、この名前がついています。
スイバの花が咲くと草原が赤く変わります。

なよくさふじ(弱草藤)マメ科 別名:ヘアリーベッチ
ナヨクサフジと思われますが花の色が違う(薄い)ので確信がありません。
去年から、見かけるようになりました。
つるが絡み合って大きく群生します。
クサフジ、ノハラクサフジ等の仲間でヨーロッパ、西アジア原産です。
飼料や緑肥作物として導入されたものが、昭和初期に野生化が確認された帰化植物です。

はるじおん(春紫苑) キク科
比較的、白色が多いけれどピンク色ややウスムラサキ色の花も増えてきました。
こうなると、雑草の域を超えて観賞用の園芸植物と競っても負けません。
ヒメジョオンとよく似ていますが名前のようにハルジオンは春〜初夏の花です。
そして、ハルジオンの蕾は下を向いているのに対しヒメジョオンは上向きです。
大正時代にアメリカから渡って来た清楚な花ですが、よくみられる雑草です。